« ブログはじめることにしました | トップページ | ICとして大事なこと 2 »

2005年7月17日 (日)

ICとして大事なこと

専務理事の岩松です!

先日、IC協会会員の有志メンバーで運営いただいているOKM(Open Knowledge Market)に参加してきました!

このOKMも既に今年に入って、3回目。 30人近い方々が参加されていました。IC協会会員の方もいれば、まだ会員でない既独立の方、週末起業中などの本格独立を模索されている方。とっても多様な顔ぶれで、熱気にあふれた会場でした。 

このたびのセミナー講演は、3種類。
有限会社3Way 福元紘子さん による「ICとしてのライフデザイン」、ブログコンサルタント 中野てるひこさん による「ICのためのオンリーワン戦略」、そして、ブースト・パートナーズ株式会社 鶴岡秀子さん による「ICのための元気の出る法則」です。

いずれも30分程度の講演でしたが、どれもすべてとても良い講演でした!

ICとしてやっていくと、陥りがちなことが沢山あります。悩んでしまうことも、色々あります。この講演で語られていた幾つかのキーワードは、それらを打破するために重要なことばかり。

事実、最近独立されたICの方が、「とってもためになりました!」っておっしゃっていました。

インディペンデント・コントラクターとして独立されている(もしくは独立しようとしている)方々にとって、大事なキーワード満載だったので、一部、記載しておきます。

エッセンスという考え方

例えば、「象が好き」といわれたときに、「象のどこが好きなのか」という要素を知っておくこと。長い鼻が好きな人と、大きな耳が好きな人とは違う。要素を知ることで、本質がわかるという話。

この考え方は、「自分を理解するときに重要」とのことでしたが、お客さまを理解するときにも通じますよね。エッセンス/本質を掴んでおかないと、本来お客さまが求められているモノと違う成果物を出してしまいます。それで、結果としてお客さまの期待値を裏切ってしまう・・・。

営業場面でも言えますよね。相手の話を額面どおりに受けとめてしまい、「この人、ホントにわかっているのかな?」って思われて、結局案件をとれない・・・。

このエッセンスという考え方は、ICとしてとても大事なことだと思います。

スグにできることから始める

色々考えるだけでなく、まずはやってみること!それもスグにできることから。壁にぶつかったときや何から手をつければいいかわからないとき、まずは第一歩を決めて踏み出すことで、新たに見えてくるものがある/世界が変わるという話。

これはまさしくその通りですね。うだうだ考えていないで、ある程度熟考したら、行動を起こす。行動をしていくうちに、なんらかの学びがあり、そこで次に何をするかを考え、さらに次にスグできる行動を起こす。

私たちICは、自発的な行動と学習によって自律的成長をしていく、らせん状の生き方なのだと思います。

ちなみに、数多くのICの方と接していて思うのは、出来るICの方は、ホントに動きが早い!何か困ったことがあっても、まずはデキることから何か始められる。どうしようか悩むことがあったときの決断も早い。何らかの行動に移すか、もしくは悩むのを止めるか。
もちろん、お願いごとをしたときのアクションも早いんですよね。

スグにできることから始める。 ICとして大事なことだと思います。

まだまだあるので、続きは明日♪ (3回に分けて、書きます。。。)

岩松祥典

« ブログはじめることにしました | トップページ | ICとして大事なこと 2 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICとして大事なこと:

« ブログはじめることにしました | トップページ | ICとして大事なこと 2 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30