« 納期意識 | トップページ | 8月定例セミナー報告 »

2005年8月 6日 (土)

銀座のクラブで発見

お客様に連れられて、久々に銀座のクラブに行きました。あまりそういう場所には行かないのですが(本当!)、景気が完全復活しているのか、店内はとても盛況でした。

私の隣についてくれた21歳の女性が、なんともコミュニケーション能力の高いこと!こちらの気分をほぐすような軽妙なトークだけではなく、傾聴の姿勢や反復・同意・共感という受けとめのスキルもバッチリ。それどころか、ミラーリングも自然と行なうなど、「さすが、銀座のクラブは違うなぁ」と関心させられました。

色々話しこんでいくうちに、彼女のほうから出た言葉が、
P・F・ドラッカーの本って、いいですよね、結構読んでいるんですよ♪」とのこと。
ちょっとビックリしながらも、暫しドラッカー談義。
「そういえば、今年日経にも連載されていたよね」と問い掛けると、
「そうでしたね、あれ何でしたっけ・・・、そうそう『私の履歴書』!毎日読んでいました。」 

んんん、日経もかかさず読んでいるんですね、さすがです!

そして次なる話題は、フィリップ・コトラー。マーケティングにも興味があるらしく、マーケティング理論についての情報交換をしました。。。。

知識や引出しの多さ、向学心の高さもさることながら、あまりにコミュニケーション力があるので、
コーチングとか勉強するといいんじゃない?」と勧めてみたら、
「ですよね・・・、本は読んだのですけど。とくに、4つのコミュニケーションスタイルにタイプ分けして対応する内容は、印象深かったです。ちなみに、岩松さんは何タイプですか?サポーター型??」

これは、なんちゃってな人事よりも、よほど勉強している。

「ところで小説とかは?」と聞くと、
「あまり読まないんですよね・・・、抽象表現の多い小説は特に。 たとえば、『限りなく青に近いブルー』とか。」
「それって、随分古くない?? というか、相手の年齢に合わせて小説名を選んだな。 ・・・っていうか、『限りなく青・・・』じゃなくて、『限りなく透明に近いブルー』だよ!!」

ん? もしかしたら突っ込めるように、わざと小説の名前を間違えた?? だとしたら、相当スゴイ!!

いやはや、私たちインディペンデント・コントラクターも、うかうかしていられないですね♪

岩松祥典

« 納期意識 | トップページ | 8月定例セミナー報告 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のクラブで発見:

« 納期意識 | トップページ | 8月定例セミナー報告 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30