« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月27日 (火)

ICの報酬

先日、私が立ち上げ期に関わったある企業が株式公開をしました。

ビジネスプランの段階から関わり、会社設立、人の採用、事業運営まで
1年と少しの間、ICとして業務委託の形で関与しました。

業務委託とはいえ、会社設立以後は取締役としても名前を連ねて動き、
20数名の組織になって、無事、事業がスタートを切った段階でその会社を
離れました。

もちろん、当時はICという言葉を使っていたわけではありませんでしたが、
事業の立ち上げに、フルタイムではなく、業務委託で関わるということでは、私にとっても、まさにICとしての典型的な仕事でした。

その仕事の中で、会社設立時とその後の増資のタイミングで、
「会社に出資をして株を持たないか?」
という話がありました。

ICとはいえ、取締役として事業運営に関わるわけだし、その事業に
思い入れをもって取り組むという意味では株を持つこともありえる
選択だったと思います。

しかし、その当時、私は個人で事業の立ち上げや組織、業務の見直し
などの分野で
「プロとして複数の業務をテンポラリーに請け負っていく」
という意識で、ICとしてスタートを切ったばかりでした。

頭も固かったのか、その時の自分の考えとしては
「テンポラリーに仕事を請ける以上、株を持つと言うのは主義に反する」
と思い、株の取得は当然のようにお断りしました。

大手企業の社内ベンチャーは別かもしれませんが、立ち上げ期の事業や
中小企業では、ICに対して、十分な報酬を払えないケースは多いと思います。

今から考えれば、その場の業務委託料だけでなく、将来の利益から報酬をもらうとかストックオプションなどで、ICとしての報酬を得ることもありうる選択だと思いますし、その当時に株を持たしてもらうこともありえたと思っています。

経理、財務の請負など一定の業務を継続して行っていくICの場合は、定期的に一定額の報酬をもらうのが当然だと思いますが、セールスレップなどの場合には歩合が入るのは一般的でしょうし、事業の立ち上げや新商品開発、販売チャネルの構築などの業務の場合には、報酬のあり方も柔軟に考えることが必要ですね。

もちろん、将来の報酬に対して、契約時点でしっかりとした契約を結んでおくことは重要ですし、その将来の報酬の比率が多くなりすぎると、現状のICとしての生活が成り立たないので注意は必要ですが。

その会社の株式公開の当日、上がってく株価を見ながら、
正直、「もったいないことをした」と思いつつ、
ICの報酬について考えたわけです。

五十右信啓


2005年12月25日 (日)

協会主催セミナー

早いもので、あと1週間で2005年も終わりです。

IC協会の今年の活動を振り返ろうと思って、会員向けセミナーのタイトルを整理してみました。
本当に、いろいろなテーマで行なったのだな・・・と感じました。

◆ 1月 : お金とキャリアを考える
   (講師:会員の奥村さん)

◆ 3月 : コーチングを体感する
   (講師:会員の山田さん)

◆ 4月 : ICにとっての個人情報保護(関西)
   (講師::会員知人の近藤さん)

◆ 6月 : ICファッション指南
   (講師:会員の鴫原さん)

◆ 7月 : ICの健康管理(関西)
   (講師:会員知人の新井さん)

◆ 8月 : ビジネスを有効に進めるモチベーションマネジメント
   (講師:リンクアンドモチベーションの勝呂さん)

◆ 9月 : コーポレート・コミュニケーション基礎知識
   (講師:会員の遠藤さん)

◆10月 : ICファッション指南第2弾
   (講師:会員の鴫原さん)

◆11月 : ICとしての営業スキルアップ講座
   (講師:セレブリックスの櫻井さん)

◆12月 : 書籍の "スター誕生" システム
   (講師:会員の中本さん)

さてさて、年明け1月の協会主催セミナーは、私がやることにしました!
題して、「研修講師としてのファシリテーション術

これまでの実体験をもとに整理して、会員の皆さんにお伝えしようと思います。
細かな内容については、元旦にでも、祝い酒を飲みながら考えるつもりです。

乞 ご期待♪

岩松祥典

2005年12月10日 (土)

IC協会 2周年

この12月12日をもって、NPOインディペンデントコントラクター協会も設立して2年がたったことになります。

はじめは、日経が囲み記事で紹介してくれたものの、休日の報道で大した反響もなく、どうなることやら?と気をもんだりもしました。
時計の針が回り始めたのは、第一回目の入会説明会の開催を報道してくれた04年1月23日の朝日新聞の記事からでした。朝一番からまるで人気コンサートのチケットを買うかのように説明会参加の電話が鳴り響き、会場を急遽大きな場所に変更しただけでなく、追加の説明会をすることにまでなってしまったのでした。

それから2年、おかげさまで素晴らしい仲間たちがどんどん増えて、最初は岩松、丸山と私の3人で始めた協会も、今では180人を超える人の集まりになりました。大阪支部も20人くらいの数となり、その他の地域にも広がってきています。

振り返えると、
04年は、「ICという働き方があることを、いろいろな方に知っていただく年」でした。
05年は、「活躍しているICが実はたくさんいることを知っていただく年」でした。

そして、いよいよ06年は、
「ICを世の中に当たり前のものとして定着させる年」にします。

ICと企業をつなぐビジネスをいろいろな有力企業がスタートさせています。
社員をICにしていくための、人事制度コンサルのお問い合わせもいただくようになっています。
一般的にも、かなりICという言葉が使えるようになってきてもいます。

さらに、06年初頭からは、CCIP(独立プロフェッショナル・コンプライアンス資格)をスタートさせますし、
現在まだ計画の初期段階ですが年内に「ICオブザイヤー」の表彰制度をスタートさせるつもりです。

このような機会を通じて、ICの存在をもっと当たり前のことにしていくことが来年の目標です。

これまで順調に進んできたICおよびIC協会ですが、3年目のスタートにあたり、
さらに大きな飛躍を遂げるべく努力を続けていこうと改めて心に誓っております。

これからもよろしくお願いします。

秋山進


2005年12月 1日 (木)

大阪のICイベント報告

先週の木、金と大阪に行ってまいりました。

木曜日は、大阪市の産業創造館にて「いろはに創業」トークイベントをIC協会会員の守谷さんと一緒に行いました。
定員を大幅に超える参加者に囲まれ盛況でした。またアンケート結果も好評だったようで、スピーカーとしては責任を果たせてホッとしています。
そして、金曜日は、会員むけのIC憲章&ICビジネスガイドライン勉強会と懇親会を行ないました。

もともと関西人なので、やっぱり大阪にいくとふるさとに帰ってきた気がします。
そして、いつもよりスムーズに話に入れるんですよね。関西弁を気兼ねなく使えるということが好影響を与えているようです。(とはいえ、東京で気兼ねして使っているわけでもありませんが・・)とくに飲み会の席などでとてもリラックスした気持ちになります。

さて、今回も感じましたが、ICをとりまく環境は、東京と大阪ではかなり違うようです。
大阪においては、まだまだ一般的な存在ではなく、イベントの際に聞かれた質問も、ちょうど一年前くらいに東京でよく聞かれたものが多かったように思います。

東京には、IT産業やマスコミが多く、IC的に働く人が、もともと多く存在していました。一方、大阪にはこういう産業があまりありません。どちらかというと重厚長大系です。ICの多い少ないについては、どっちのほうが進んでいるとかいう問題ではなく、こういった産業の地域特性からきているように思います。

それから蛇足ですが、恒例(?)の血液型検査やってみました。
懇親会に来ていた会員13人のうち、4人がA型、9人がO型と、またもや圧倒的にO型が多いことが判明しました。
また、喫煙者が13人中1.5人。(ひとりの方は、すわなくても吸っても良い方でした。)

サンプル数がとてもとても少ない中ではありますが、ICに向いているのは、非喫煙&O型です。(ほんまかいな?)

ちゃんちゃん。

秋山進

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30