« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

06年のIC協会

IC協会にとっての06年は、着実に進歩を遂げた一年といえると思います。

まずは、会員の皆さんの活躍が目立った一年でした。
著書を書かれた方だけでも7~8人。その他、いろいろな分野で着実に成果をだされた方もたいへん多かったようです。

協会のイベントも盛況なものが多かったのですが、それ以上に、いろいろな分科会が盛り上がった一年でもありました。
人事組織部会、事業開発部会、IT部会、女性部会など。
分科会では、皆の興味に合わせていろいろな情報交換ができますし、今後も充実させていこうと考えています。

また、広報的な部門でも、多くの方たちに、アントレをはじめとするメディアに登場いただきました。
ICに興味を持つ皆様を対象にしたメルマガの発行にも乗り出し、購読者も順調に増加しています。年末からは、岩松専務理事によるポッドキャスティングの番組「目指せ、独立プロフェッショナル」もスタートしました!

さらに今年は、協会で作った独立プロフェッショナル・コンプライアンス資格(CCIP)をスタートさせ、協会員のコンプライアンス意識の向上にも努めました。

協会の活動を支援していただける協賛企業も内定しておりますし、来年からは、ICアウォードをスタートさせます!

こんな感じで、いろいろな分野で着実に事業が進展しました。

来年もこの延長線上で、あせることなく着実な歩みを進めていこうと考えております。

本年、お世話になった皆様、どうもありがとうございました。
07年もまた、どうぞよろしくお願いします。

秋山進


2006年12月24日 (日)

クリスマス

クリスマスシーズンになると思い出す話があります。

すでに3年以上も前に聞いた話ですが、ある企業の新卒採用活動で出会った女子学生から聞いた実話です。
その企業のセミナーでは、顧客満足を考えるために、「これまで受けたサービスで、一番嬉しかった体験」と「一番腹が立った体験」を共有するワークショップをしています。

その中で出てきた話で、「自分が嬉しかった体験ではないのですが・・・」と言って、そのエピソードを彼女はポツリポツリと紹介してくれました。

クリスマスイブの夕方、クリスマスケーキを買いに出かけた彼女は、想像以上に混雑する店先で並んでいたそうです。
帰りを急ぎながらもケーキを買おうとする人々の群れ、長蛇の列、バタバタとした店員たちの忙しそうな表情。
イライラする気持ちを抑えながら、彼女は待っていたそうです。

3つ前の順番には、要領を得ない様子ながら列に並んでいた老人がいました。
みんなが、ホールのクリスマスケーキや沢山のケーキセットをお土産に買っていく中、やっとその老人の順番になり、店員に尋ねました。
「ショートケーキ、ひとつだけなんだけど、いいですかね?」

その言葉を聞いて、後ろに並んでいた彼女は、「え~っ!たった一つしか買わないの!!こんなに混んでいるんだから、ほかで買えばいいのに、もぅっ!!」と、イライラが怒りに変わってしまいそうだったと言います。

そう思いながら、ふと店員を見ました。
すると、忙しそうな表情だった女性スタッフの一人が、ニッコリ笑って
「もちろんですよ。良いクリスマスにしてくださいね。」
と丁寧に優しく対応していました。

ご老人は、すごくすごく嬉しそうにうなづいていたそうです。

その姿を見て、さっきまで怒りを覚えていた自分が、なんて小さい人間なんだと恥ずかしくなった・・・。
自分を恥じたと・・・。そして、そのスタッフの仕事を何と素晴らしい仕事かと思ったと・・・。

そんなエピソードでした。

私たちインディペンデント・コントラクターも、お客様にとっての幸せを自分たちの価値観だけで考えるのではなく、それぞれの幸せを届けられるプロフェッショナルであり続けたいと思う、クリスマスのエピソードです。

岩松祥典

2006年12月 3日 (日)

ダイエット7ヶ月で学ぶIC術

今年の5月からダイエットを始めて、はやいもので7ヶ月です。
あのころから11Kgの体重減、ウエストも細くなって、ジーンズのサイズも29インチになりました。ダイエット成功の秘訣は?と聞かれて、人に話をしているうちに気付いたことがあります。
そして、そのいくつかは、ICとしての仕事術にも通じるような・・・。今回は、そんな8つのポイントを書きます!

1.目標を決める
私は、10Kg減を目標に(つまり学生時代の体型を取り戻すべく)ダイエットをスタートしました。目標を決めることは大事です。ちなみに、ジーンズのウエストサイズの目標も決めました!

2.可視化する
毎朝体重計に乗ることを欠かさない。そして、自宅のPCに打ち込んで、グラフ化していきました。こうすると、結果が目に見えて、本当に「やる気」を継続できます。たとえ、体重がなかなか減らない時期があっても、それが何日間なのかがわかるだけで、頑張れました!

3.成果の出やすいものから始める
ダイエットの常套手段としては、有酸素運動・筋力トレーニング・食事制限・サプリメントなどあります。でも、スグに結果が出ないと頑張れないですよね。だから、最初の2週間はダイエット食品やアルコール摂取を控えた食事制限、「できる!できそう!!」感を大事にしました。

4.あれもこれもに手を出さない
3番目の項目に近いですが、なんでもかんでも手を出さない。いろいろやっていくと、何が効いているのかがわからなくなります。最初は、食事制限を2週間。その後は、有酸素運動を中心に、徐々に筋トレへ。それらが出来るようになった時点から、サプリメントを摂りはじめました。そうすると、何が自分に合うのかも徐々にわかってきたような・・・。

5.約束事のように公言する
周囲に公言することは、自分への約束以上にキツイものがあります。だから、みんなに「ダイエットしているんだ」と言いまわりました。それこそ会う人、会う人、みんなに!そうすることで、自分への決め事を守り通すわけですよね。

6.成果や変化を「口」にする
これも5番に近いですが、うまく行き始めたら、周囲に言っておくこと。つまり、言葉にしておくことですよね。そうすると、内発的動機付けが起こって、さらに頑張ろうという気持ちにさせます!それに、人に話しをしていくうちに、上手く行っている秘訣などに気付くことが多々あるわけです。

7.なんといっても楽しむ
簡単に「楽しむ」といっても難しいですが、これらのことをやっていくと、楽しんでダイエットする姿勢が出来てきます。なにごとも、自らが楽しむことって重要だし、結果が見えづらい時期にもグッとエネルギーを出すことができますものね!

8.慢心しない
最近の実感。。。冬太りの傾向が、徐々に(!!!)。
これまで記載してきた7つを意識せずに2週間過ごしてきてしまい、気付くと、ほんのちょっとリバウンドした感があります。体重計では1Kg程度のレベルですが、なにごとも慢心をしないことって、大事ですよね。
今の状態を維持するにも、つねに工夫をすることが重要ってことで!

・・・ということで、こうやって考えると、ICとして独立成功するためのポイントに近いことが沢山ですネ♪

岩松祥典

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30