« 2007年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2007年10月

2007年10月22日 (月)

「ICオブザイヤー2007アワード」プレゼンテーション大会

「ICオブザイヤー2007アワード」プレゼンテーション大会を開催!

 インディペンデント・コントラクター協会(以下IC協会)では10月13日、ホテルヴィラフォンテーヌ汐留において「ICオブザイヤー2007アワード」プレゼンテーション大会を開催しましたので、ご報告させていただきます。
Ic2007_003

<本アワードの趣旨>
「プロフェッショナルICとしての顧客企業への提供内容と貢献成果」をテーマにプレゼンを行い、最も優れたICを表象するとともに、IC同士がお互いに優れている点を学び合い、刺激しあっていこうというものです。
Ic2007_034

今回のプレゼン発表者は全6名。審査方法は各プレゼンに対し、4名の審査委員は20点、31名の会場参加者は5点の持ち点を自由に振り分けて投票するというもの。
審査委員には協会理事長秋山のほか、ICについて理解の深い3氏をお招きいたしました。

Ic2007_021
Ic2007_018

<プレゼン発表者>
○「店長のノウハウを可視化せよ!」 有限会社プロミッション 中村貴彦氏
○「ビジネスの三角関係が、成功につながる」 SFJソリューションズ株式会社 川上暁生氏
○「期待を超え続ける」 有限会社 CIOエージェント 三木康弘氏
○「内から外へ、外から内へ」~勤務していた会社に、どのように価値を提供し、内と外をどう結びつけていったのか~ 
株式会社田代コンサルティング 田代英治氏
○「ICとしての顧客企業への提供内容と貢献成果」 オフィスリテラシステム 牧野真紀氏
○「発展途上国からの研修生受入れとITサポート」 ジーエイシージャパン有限会社 柄本和夫氏

<審査委員(五十音順)>
○秋山進  IC協会 理事長
○小笹芳央 株式会社リンクアンドモチベーション 代表取締役
○藤井薫  株式会社リクルート アントレ編集長
○谷島宣之 日経BP社 「経営とIT」サイト編集長

<審査結果>
審査委員と会場参加者による投票の結果、以下の方が第1回ICオブザイヤー 2007Awardとして選出されました。
◆有限会社プロミッション 代表取締役 中村貴彦氏
「店長のノウハウを可視化せよ!」
Ic2007_049_2

 本年のアワードに選出された中村貴彦氏の取り組みについて、審査委員を代表して秋山進から次のような講評を述べ、大会を締めくくりました。
「中村さんは初めての分野へ果敢にチャレンジし、お客様とともに一生懸命取り組んで成果を上げられました。
また、『答えはお客様の中にある』という言葉は、ICの人たちにとってとてもよいメッセージだと思います」
Ic2007_045

中村さん、おめでとうございました!!
そして、来年以降も同様の企画を行ないたいと思いますので、皆様何卒宜しくお願いいたします。

文 : 宮内 健  (IC協会会員)

« 2007年6月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30