« ICとワークライフバランス | トップページ | 9月セミナー ”アクティブブレインを知り、体感する” »

2010年8月27日 (金)

ICって、ほんまにわかりにくい

こんなことを言うと、発起人の秋山顧問に叱られるかも知れませんね。

私は、今年6月の理事改選で専務理事という大役を仰せつかりました関西在住の久保 修と申します。どうぞ、よろしくお願い致します。

冒頭から、専務理事らしからぬ発言をしてしまいましたが、私の専門分野である新規事業開発や新商品開発の現場でよく起こることとオーバーラップしたので、あえて今回の記事のテーマに選んでみました。


これまでにない新しいモノやコトを生み出すとき、誰も知らない世界を世間に伝えるのは非常に難しいことです。

わかりやすい例で説明しますと、blog、SNSが出始めた頃、「blogって知ってる?」と聞かれて皆さんはどう応えられましたか?
「ああ、知ってる。HPの簡易版でしょ」とか「最新の記事がいつもTopページになるやつ?」とか説明してもされても互いによく理解できない時期があったと思います。でも今は多くの人に理解されて普及していますね。
流行のTwitterやUstreamなどは、これからです。

ICは、協会として生まれて7年目。まだまだ認知度は低いと思っています。しかし、経営者とじっくりお話が出来る機会をもてた時は、「ほう、そんな人材が集まっているのか?なるほど、新しい使い方が出来そうだな。。。」と理解してもらえるのです。

私は、もっと多くの企業経営者にIC人材の存在を知ってもらうこと、またICという働き方を選択肢の一つとして一般の方にも知ってもらい、同じ空気を持つIC仲間が増えることを願っています。

<どうやって伝えるかなあ。。。>

もう一つ別の視点から、IC(インディペンデント・コントラクター)という、我々のワークスタイルを表現する具体的な方法について考えてみたいと思います。

NHKという放送局は、略称として、日本語読み「にっぽんほうそうきょうかい(Nippon Hōsō Kyōkai)」から「NHK(エヌエイチケイ)」と呼称・記述されています。

日本語読みすると、何となく知らない方でも、大方の内容が浮かんで来ます。しかし残念ながらICの場合は、日本語読みをしても、我々のワークスタイルを想起させるとは言えません。

だからと言って、これまで使ってきたICを改名しようということでもありません。

もうすぐ、発表になると思いますが、IC協会のロゴマーク変更を計画しています。視覚的にIC人材のイメージを表現し、印象に残るモノにしようと考えています。

それと今、個人的に考えていることは、キャッチフレーズの追加です。言葉やマークだけで表現しにくい場合は、頭に短く伝えるキャッチフレーズ(メッセージ)を付け加えることで、スッと伝えることが出来るのです。

例えば、ジャストアイデアですが
「複数企業の部門業務を請け負うプロ職人(集団)」、
「期間限定のプロジェクト業務に最適の専門スキル人材」

とかいう感じでしょうか?

このあたりは、コレ!というものが見つかるまで、皆さんそれぞれが色々試していただいて、情報を共有させて下さい。


微力ながら、IC協会に所属の皆さんのお役に立てられますよう努力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

大阪に来られるときは、是非お立ち寄り下さい。


久保 修

« ICとワークライフバランス | トップページ | 9月セミナー ”アクティブブレインを知り、体感する” »

新しい視点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ICって、ほんまにわかりにくい:

« ICとワークライフバランス | トップページ | 9月セミナー ”アクティブブレインを知り、体感する” »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30