« 2010暑気払い | トップページ | プロフェッショナルワーカーの輪 »

2010年8月 6日 (金)

私のICとしてのポリシーと今後の方向性

 理事長の田代です。このブログには初登場です。毎週、理事が持ち回りで記事をアップしていきますので、ご期待下さい。

 さて、理事長を拝命してから2カ月が過ぎました。独立してから5年間、人事労務領域のIC(独立業務請負人)として、こだわりをもって「雇われない雇わない働き方(生き方)」を実践しています。

 ここで少し立ち止まって、過去を振り返り、現在を見つめ、将来を見据えて何をすべきかを考えてみたいと思っています。

 私は、5年前44歳で独立するにあたり、人生の後半戦を次のポリシーを持って生きていこうと考えました。

【独立にあたってのポリシー】

○ 自分の価値観で仕事をする(他人から指図されない。)

○ 人生を心豊かに送る(嫌な仕事はしない。嫌な人とは付き合わない。)

○ 世の中の幸福の総量を増やすことに貢献する

 過去を振り返ると、自分としてはほぼこのポリシー通りに歩んできたのではないかと思います。3つめのポリシーのところはどれだけ成果を挙げたかは別として、マインドとしては常に持ち続けてきたと思います。

 「ほぼ」と表現したのは、ここまで来る途中で、迷いがでたり、自分の肌に合わない仕事をしたりしたことがあったからです。

 現在は、この「ほぼ」は取れたと思いますし、この先もポリシーとおりに進んでいくことは大丈夫だろうと思います。最近は、難問に取り組むときの「良い」意味でのプレッシャーは感じますが、「悪い」ストレスはなくなりました。

 今後は、「貢献」「独立」「成長」を自分の価値観の中心に据えて、そして、人事労務領域での「ディープ・ジェネラリスト」を目指して進んでいきたいと思っています。

 独立した当初は、人事労務領域の中の何かの分野のエキスパートにならねばと考え、その何かを探していました。しかしながら、クライアントに「貢献」するためには、他を圧倒する知識を持つエキスパートではなく、深く高度なジェネラリストである必要があると痛感し、方向転換しました。

 「ディープ・ジェネラリスト」とは何か?それはどこまで行けば完成するのか?今月誕生日がくると49歳になりますが、いずれ来る50代はそれを探し求める「旅」を続けていくことになろうかと思います。

« 2010暑気払い | トップページ | プロフェッショナルワーカーの輪 »

仕事のポリシー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のICとしてのポリシーと今後の方向性:

« 2010暑気払い | トップページ | プロフェッショナルワーカーの輪 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30