« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月24日 (金)

「お疲れ様」やめましょう運動

こんにちは。この夏よりIC協会理事を拝命している中村貴彦です。

ここのところ理事持ち回りのブログがちょっとカタい方向に向かっているので、少し肩の力を抜いてもいいのでは、という引継ぎ(?)がありましたので、ほぼICとは関係ない話題をひとつ。

あるビジネス案件でご一緒しているビジネス仲間が、ブログで


「オフィスに「こんにちは」があっても良いじゃん!」


と投稿したところから周囲のtwitter上で話しが盛り上がったのが、


「お疲れ様」って挨拶どうよ?


というネタです。(さらに元ネタのブログはこちら →「お疲れ様」以外の挨拶とは??」

そう。


 そうなんです。


確かに便利なフレーズ。 「お疲れ様です。」


でも・・・


朝っぱらから「お疲れ様です。」


   出会い頭に「お疲れ様です。」


      会議の最初に「お疲れ様です。」

・・・私、つかれてないんですが。


特に朝メール開けていきなり 「お疲れ様です。◯◯です。」


       orz ガックリ


いやなんです。朝っぱらから「疲」っていう漢字見るの。
逆にこの字を見たのがきっかけで、疲れるんです。


それに言葉の意味を何も考えずにオウム返しを繰り返していると、どんどんアホになっていくような気もします。


私もICですから、一定期間お客様先に常駐することがあります。
ICの資質としてそのクライアントの文化や風土になじむ必要もあるので、受容性の高さも求められます。


これまで社員の方々に合わせてメールの常套句として、やむを得ず自分も使っていました。
せめてやわらかくしようと漢字の利用は避けて


「おつかれさまです。」


とささやかな抵抗をしている自分がいました。

今回おもしろかったのは、Twitter上で僕も、私も気になってた、という方が続々出てきたこと。
ささやかなムーブメントが起きたらおもしろいかな、と思って仕事が一区切りついた合間にこんなもの作ってみました。


2


こちらは私の自作ですので、ご自由にお使いください。

#念のため申し上げますが協会としてこちらの運動を推進しているわけではありませんので、誤解のないようにお願いします。


後輩の大学の助教授が、多くの学生が教授室に元気よく「お疲れ様で〜す」と入ってくるので、こんな感じで早速活用。


Univ

学生さんにも話題になってすんなり受け入れられたようです。

最後に、ちょっとICらしい関連付けを。
やはり我々インディペンデント・コントラクターは、外部の視点で企業様の支援をしている立場として、クライアントの文化や風土に変化をつける、スパイスを与えることも重要な役割だと思っています。


その組織の中で「あたりまえ」だと思っていることが、一歩外に出ると、全然あたりまえではなかったりします。
ずっとその企業の中にいると気づかなくなっていく、見えなくなっていくことはたくさんあります。


そんな風土に、何の縛りも固定観念もなく、時に無邪気に新しい風を吹かせることができるのも、我々の立場や特権ではないでしょうか。


と、ややこじつけた感はありますが、私の第一回四方山話でした。

【追伸:予告】
少し先ですが、11月のIC協会セミナーは私が企画を担当しています。今回ちょっと趣向を変えて、


「ICにおける失敗の研究」


というテーマにする予定です(あくまで現時点の予定ですので変わったらスミマセン)。
成功体験よりも、失敗体験を共有する方が学びは多いのではないか、というなんとなくの発想です。
詳細が決まりましたら、またご連絡します。

2010年9月18日 (土)

人付き合いって大事だと思ったコト

継続は力なりと言いますが、ブログも継続する事が大事ですよね。
その継続が苦手な、理事の藤井です。

さて、IC協会理事が綴る四方山コラム。
ここまでの記事が、みなさんすばらしくて若干ハードルが上がっている気がします。


私は、ここいらでタイトル通り、四方山っとした記事を書いてハードルを下げようと思います。(笑)


私事なのですが、最近、仕事上のトラブルに遭遇しています。
端的に申しますと契約関係のトラブルでして、対応のために法律関係の知識が必要になりました。
たぶんこういう事って、商売を続けていればICに限らず会社でも直面する問題ですよね。

我らICは、こんなことも自分で対応せねばなりません。

とはいえ、ICは何でもできるスーパーマンではないので、本当に一人で全部対応するのには無理があります。
特に私の場合、法律関係となるととんと無知なので、どうしていいのかも分かりませんでした。

こんな時私がいつも頼ってしまうのは、「友人」です。
今回のトラブルは、高校の先輩で行政書士の仕事する傍ら弁護士を目指して勉強している方に相談しました。
この方、先輩とはいっても一回りも年上の方で、非常に面倒見の良い女性です。

相談のメールをみるなりすぐに会ってくれて、様々なアドバイスをいただきました。
士業というのは、それぞれ領分が決まっているそうで、もし必要になればということで弁護士の方も紹介していただき、大変助かりました。

やっぱり、持つべきものは「友達」です。
以前、飲み友達の経営者の方にこんな事を言われたことがあります。
「商売を続けていくなら、弁護士、会計士、医者の友達がいるといいぞ。」

友達って、狙って作るものではないと思うのですが、この言葉は相当に的を得ているなと思いました。
実際、この言葉通りではないのですが、私も行政書士、税理士見習い、医者の友人がいます。
そして、この3人には困ったときにいつも助けてもらっています。
友人なので、いずれも相談費用は飲み代です。(笑)
なにより、困ったときに相談しやすいのが助かります。

件の行政書士の方とは、年に一度開催される出身高校の同窓会で知り合いました。
長野県の高校なのですが、同窓会の支部が東京や関西にあって定期的に会合が開かれています。
仕事とは全然関係ないのですが、今思えばこういうおつきあいを大事にしておいて、本当に良かったと思います。


ICといえば「雇わない、雇われない」=「一匹狼」的なイメージを持たれやすいと思います。
しかし、実際にはいろんな人の力を借りながら進める事も多いですし、むしろ一人では対応できない事もあります。
私はむしろICの方が、社会適応力が求められる様な気がします。
人付き合いを大事にして、周りに気を使いながらうまく仕事を進めて行くのもICの大事な一面ですね。


ちなみに、ちなみに、、、
「弁護士、会計士、医者」のお友達がいらっしゃらない方でも、ご安心ください。
IC協会では、会員向けに法律相談、税務相談、人間ドックのメニューを取りそろえています。
人間ドックは有料ですが、それ以外は無料です。

ぜひ、ご活用ください。

2010年9月14日 (火)

9月セミナー ”アクティブブレインを知り、体感する”

インディペンデント・コントラクター協会HPへ

【 9月セミナー ”アクティブブレインを知り、体感する】
◆日時
  9月21日(火)18:00~19:30


◆内容
  「アクティブ・ブレインを学び、体感する」 

「アクティブ・ブレイン」という言葉をご存じでしょうか?
記憶術の一つですが、近年流行っていた脳トレのような計算を
することで脳を鍛えるといったものではなく、脳のコンディショニング
と使い方を学ぶことで、記憶力を上げるというという方法です。
   
今回のセミナーでは、アクティブ・ブレイン協会認定トレーナー
である東田一人氏を講師としてお招きし、通常2日間で行われる
アクティブ・ブレインセミナーのエッセンスを知り、体感出来る
セミナーを開催いたします。


◆講師
  東田一人氏
    
1985年株式会社リクルート入社。リクルートコスモス社にて長年
人事・採用を担当、風土、企業文化の礎を築く。 営業部門長、
経営企画室、情報システム室長、人事部エグゼクティブマネジャー
を経て2009年4月 株式会社フォーサイトを設立

アクティブ・ブレイン協会認定トレーナであると同時に、エグゼクティブ
コーチとしても活躍中。

・米国CCE.inc認定GCDFキャリアカウンセラー
・生涯学習財団認定プロフェッショナルコーチ
・BCS認定ビジネスコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)正会員
・株式会社 コーチ21クラスコーチ


◆費用
  セミナー:3000円(IC協会会員:無料)
懇親会 :4000円~5000円程度


◆場所
  青山クラブハウス会議室

〒107-0062 東京都港区南青山2-2-8 DFビル 5F
TEL : 03-6913-0661 / FAX : 03-6913-0221
http://www.kaigi.biz/common/map.html
東京メトロ - 銀座線 ・ 半蔵門線 ・ 大江戸線
青山一丁目駅 5番出口から徒歩2分


◆申込
  参加希望の方は、下記内容を記載のうえ、事務局 info@npo-ic.org まで
ご連絡ください。
 ◇ 9月セミナーのみ参加希望
 ◇ 9月セミナーおよび懇親会参加希望
 ◇ 9月懇親会のみ参加希望


◆定員
  25名

※定員になり次第、受付終了とさせて頂きますのでご了承ください。

インディペンデント・コントラクター協会HPへ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30