« 10月セミナー秋山前理事長「ICの自立と自律」を開催 | トップページ | 「育児とIC」あるいは「家族とIC」 »

2010年10月21日 (木)

事務所移転とビジネスの新展開

 インディペンデント・コントラクター協会HPへ 

 こんにちは、理事の斉藤です。IC協会紹介ページ>>>こちら

 私事ですが、来月、2004年にICとして独立してから4回目の事務所移転をします。

 独立時は、経費節減もあり、原宿竹下通り(渋谷区神宮前1丁目)にある、昔の同僚の事務所に間借りしました。元同僚の会社の社員との雑談、竹下通りの若さと活気のおかげで、ひとり会社の孤独感やストレスを感じずに過ごすことができました。

 2年後、自身のビジネスの方向性も定まり、元同僚の会社が事業拡大で社員を増員していた折、そろそろ自前で事務所を借りねば~、と思い、恵比寿(渋谷区広尾)のSOHOオフィスに移転しました。フレンドリーな受付のお姉さんがいて、異業種のICたちが職場とする同オフィス、おいしい~食べ物屋さんの多い大人の街、恵比寿の環境は、とてもここちよかったです。

 その1年後、残念ながら、そのオフィスの閉鎖に伴い、表参道(渋谷区神宮前3丁目)の別のSOHOオフィスに移転しました。今までの中では、密室感のある部屋でしたが、仕事の合間に、気晴らしにベランダから見下ろす表参道を行きかう人々の流れ、この眺望には家賃の3倍の価値があると思っていました。

 この表参道オフィスも、1年後、またもや、ビル建替えにともなうオフィス閉鎖により移転を余儀なくされ、同じ表参道駅の青山通り側(港区南青山3丁目)のSOHOオフィスに移りました。最初は、少し気になった両隣、向かいの部屋の方の電話の話声も、お互い迷惑にならない程度にほどよく聞こえるようになり(会社でとなりのブースの同僚が仕事をしている感覚)、ビルの1階にある花屋さんの沢山の花を眺めながらオフィスに入る入口が気に入っていました。

 それから2年たった最近、またもや当SOHOオフィスの年内閉鎖の通告がありました(涙)。

 SOHOオフィスは、賃貸借契約ではなく、施設利用契約なので、苦情は言えても、法的に居座るわけにはいきません。

 次のオフィスを探すにあたって、電話番号を変えたくなかったこと、南青山の住所が気に入っていたこと、それから、今後のビジネスの展開を考えて、近くに付属施設で、無料のサロンスペースと有料ながら安価なセミナースペースがあることから青山一丁目(港区南青山2丁目)のSOHOオフィスに移転することにしました。

 ICの仕事場選び、ワークスタイルは、以前、五十右さんがブログに書かれましたが、業種、職種、個人それぞれだと思います。

 Cafe Imigi

 ファッションビジネスに携わる私の場合、どうしても「ブランド」にこだわる業界特性柄、別に住所で仕事ができるかどうかは関係ないのですが、見栄っ張りなもので(笑)、渋谷区神宮前、 港区南青山、 目黒区中目黒あたりの住所が好ましいまたは、インパクトがあるように思い、ちょっとこだわり、SOHOオフィスに入ることで比較的安価に済ませるようにしています。

 実際、そのあたりは、ファッションマーケット(ショッピングエリア)も近く、ランチタイムにひょいと話題のお店を見に行けてしまいますので・・・

 これまで、施設都合の頻繁な移転ではありましたが、移転する度に、何かがリセット、リフレッシュされ、新しい何かが始まって、自分の視点も変わって・・・新しいクライアントが少なくとも1社以上できるというジンクスもあります。

 今回の移転も、是非、新しいビジネスのチャンスにしたいと思っています。
 
 インディペンデント・コントラクター協会HPへ 

« 10月セミナー秋山前理事長「ICの自立と自律」を開催 | トップページ | 「育児とIC」あるいは「家族とIC」 »

ワークスタイル」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事務所移転とビジネスの新展開:

« 10月セミナー秋山前理事長「ICの自立と自律」を開催 | トップページ | 「育児とIC」あるいは「家族とIC」 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30