« IC忘年会 in 大阪 2010 | トップページ | 【12月セミナー“「捨てる!」技術2010-SOHOオフィス編” 】 »

2010年11月13日 (土)

地方で活躍するIC

こんにちは、IC協会理事の藤井です。 >>> IC協会会員紹介へ

金沢から横浜へ戻る電車の中で記事を書いています。
出張帰りなのですが、飛行機が満席で2倍以上時間のかかる電車の中です。(涙)

何事も調整次第のICなので、どうせ帰れないのならゆっくり観光してから戻ればいいような気もするのですが・・・
お客さんから頼られたら、どうしても応えたくなるのもICでして、、、
他のお客さんで、週末にしかできない作業があるため、どうしても帰らなくてはならず電車の中というわけです。

今回は、せっかくなので出張に絡む話を書いてみたいと思います。
工場の生産現場に新システムを導入するための現地調整で、金沢にうかがいました。
今時の新システム導入では、既存のシステムとの連携という作業が不可欠になります。

以前から、この案件のためにお客様のシステム担当者の方と打合せを重ねながら進めて来ました。
実はこの方、私と同業のICとして働かれている方なのです。
しかも、いくつものお客様を抱えて大忙しのご様子。


普通に考えると、IT系のICは首都圏にいないと仕事にありつくのは難しい様に思います。
地方に納めるシステムであっても、多くの場合首都圏(特に都内)のベンダーが受注するからです。

でも、金沢という東京からも大阪からもだいぶ離れたところでも立派にICとして活躍されている方がいらっしゃる。
しかも私と同業のIT系。
ご本人はICという言葉もあまり意識されていないのかもしれませんが、ちょっとうれしくなってしまいます。


地域の産業にぴったりと密着して必要十分なサービスを提供できるという事が、この地域で顧客とICの需要と供給がマッチしているという事なのかなと思います。

北陸地方には、昔から中小の機械部品製造の工場が多いそうです。
そうしたお客様のニーズに特化する事が、大企業にとってはメリットは小さくても我らICには十分というような状況がある様です。
地方は地方なりのIC像があるのかもしれませんね。


金沢の方ももちろんですが、地方で活躍されているICの方々ともぜひ交流を持ちたいなと思っています。

あ、車内販売のワゴンがやって来ました。
でも、ビールは我慢かなぁ・・・


インディペンデント・コントラクター協会ホームページへ

« IC忘年会 in 大阪 2010 | トップページ | 【12月セミナー“「捨てる!」技術2010-SOHOオフィス編” 】 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方で活躍するIC:

« IC忘年会 in 大阪 2010 | トップページ | 【12月セミナー“「捨てる!」技術2010-SOHOオフィス編” 】 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30