« THE談カフェ 大阪やってみた。 | トップページ | 30名が結集「寒い冬を、熱く過ごす望年会」in AKASAKA »

2012年11月15日 (木)

【レポート】ICは無敵の民:誠Biz.IDのコラボ「起業セミナー」を11/10に開催

11月10日、秋晴れの土曜、青山一丁目と赤坂見附のちょうど中間くらいに位置する、アイティメディアさんの会議室で、IC協会と誠Biz.IDのコラボセミナー「雇わない・雇われないインディペンデントな働き方」を開催しました。セミナーには、起業を検討している人やテーマに関心を持つ人13名に参加していただきました。

Kaijo

スピーカーの一人目である誠Biz.ID編集長の鷹木さんは、企業取材から見えて来た「働き方・働く環境」の変化を紹介します。

この1、2年で、働くインフラ・企業の制度・世の中のモチベーションという3つが大きく変化していると鷹木さんは指摘します。
Takaki_1

スマートフォン・タブレットの登場で、場所を選ばずに仕事ができるインフラが整い、高性能で使いやすい自分のマシンを会社で使うBYOD(bring your own device)の制度を推奨する企業も増えています。そして一番変化をもたらしたきっかけは去年の震災。BCP(business continuity plan:事業継続)の観点から、企業側は社員がオフィスではない場所でも仕事ができるインフラや制度を積極的に整えています。

会社の枠にとらわれない働く環境が整い、社員と社外の人との境界線があいまいになってきた今、ICが活躍する場が増える可能性が高まっています。

ICは、書籍『フラット化する世界』(トーマス・フリードマン)で書かれていた、デジタル化もオートメーション化もされない専門性を持った「無敵の民」として今後世の中にますます増えていくだろう、と鷹木さんはしめくくりました。


続く、理事長の田代さん(田代コンサルティング)は「人事という一般的な職種で独立する~ICの準備と心構え~」をテーマに講演しました。
Tashiro_2

大手海運会社に勤めていた田代さん。独立への想いが強まって行く自分と、反対する家族との間で葛藤があったと告白します。説得材料を準備し、話し合いをし、最後は家族も納得した上で独立します。

講演の中では、人事労務の専門家ということもあり、フリーエージェントやインディペンデント・コントラクターが増えるアメリカの雇用事情も紹介。

独立する時、多くのICが最も不安を感じる営業に対し、田代さんは会社を離れる前からブログや交流会で備えます。また、起業を成功させるための重要なポイントのひとつが事業領域の設定であると述べ、何を強みにしていくかを、自らがきちんと定義することの重要性を強調しました。


理事の斉藤さん(ディマンドワークス)は、「アパレル業界のニッチな分野で勝負する- 業界特化型専門家ICの成功の鍵」をテーマにプレゼンしました。
Saito_4

最初に、自身の勤務先の規模や体験が、独立後のビジネスに色濃く反映されることについて触れます。斉藤さんは商社のアパレル部門から、独立系のアパレルメーカーへ転職。そこでもっとも苦労し、乗り越えた壁の「在庫管理」が今のコンサルティング事業の大きなテーマになっていると語ります。

独立後、プッシュ型ではなくプル型がコンサルティングの営業の鍵だと斉藤さん。案件受注に大きく役立ったのがやはり「ブログ」。ブログのページビューをあげる数々のナレッジを披露しました。

大手企業の厳しい決算報告が発表され、いやおうなしに会社の外へ出る人は増えてくることが予想されます。それをチャンスととらえ、自分の持つ専門性を適切に棚卸しして、ビジネスを成功させられる潜在ICは数多くいると考えられます。

ICという働き方により多くの方が気づき、ICという働き方が広がるために、IC協会では今回のような2時間のセミナーや5時間じっくり自分のビジネスを考える「スタートアップセミナー」を開催していきます。


質問が飛び交う懇親会
Konshinkai_2


ランチの一番人気はシャケのクリームパスタ
Food1_2

« THE談カフェ 大阪やってみた。 | トップページ | 30名が結集「寒い冬を、熱く過ごす望年会」in AKASAKA »

トラックバック

« THE談カフェ 大阪やってみた。 | トップページ | 30名が結集「寒い冬を、熱く過ごす望年会」in AKASAKA »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30