IC協会

2015年10月16日 (金)

税理士が待ちこがれていた「クラウド会計にぴったりの人」

IC協会の広報委員を担当するプロミッション 中村貴彦さんのクラウドサービスの活用を前提に今年から会計業務を支援することになった税理士の高橋俊介先生に登場いただきます。

高橋先生にとっても初の安価なクラウド会計サービスを通じた会計支援ということで、導入のポイントや今後の可能性などの話を伺いました。
 
小林:税理士の方は、安価なクラウド会計サービスを活用することにあまり積極的でないと聞きます。
 
最初、プロミッションの中村貴彦さんから
「freeeなどによるクラウド会計を導入したい」
と相談をうけたとき、正直どう思われましたか?
 
高橋:中村様には失礼なお話ですが「幸運」と感じました。
 
小林:え、そうなんですか?
 
高橋:後述しますがクラウド会計にはメリット・デメリットがあります。
 
導入する企業の
(1)ビジネスモデル
(2)ビジネス規模
そして、
(3)導入担当者の経理への興味、
などの度合いによって、全く異なる姿になります。
 
小林:ぜひそのあたりを詳しく伺えますか。
 
高橋:税理士としては、メリットがある以上feeeやmoney fowardは今後取り組みたいソフトです。けれども、残念ながらこのソフトにぴったりと当てはまる方と出会えていない状況でした。
 
中村さんは、ITに詳しく、経理を積極的に学ぶ姿勢があるので、うまくメリットを享受できる方なのです。ようやく出会えたと感じました。
 
小林:運命の人だったんですね(笑)
 
中村さんは、ITを活用した業務改善や新規事業開発の実績が豊富なので、ITに詳しく経営的な数値にも強い、しかもインディペンデント・コントラクターとして、一人で複数の企業と仕事をしています。先の3つの条件が整っていたのですね。
 
今回、インディペンデント・コントラクターがクラウド会計を導入し、今後どのような可能性を感じますか?
 
高橋:期待する可能性は2つです。
 
(1)インディペンデント・コントラクターが増えること
(2)インディペンデント・コントラクターが幸せになるツールとなること
 
小林:まるでインディペンデント・コントラクター協会のミッション(インディペンデント・コントラクターという働き方を普及するをPRしていただいているような感じですね。ありがとうございます。
 
そうはいっても、誰もが導入できるわけではないと思うのですが、どのような事業や人に適していると思いますか?
 
中村貴彦さんは「簡単だよ」とおっしゃるのですが、絶対そんなことないと思うんですよね(笑)
 
高橋:安価版クラウド会計をお薦めしたいのは、下記のような素養のある方です。
・インディペンデント・コントラクターとして生きる決意のある方
・ITへの抵抗が無く、変化に積極的な方
・「正しい」ことを積極的に調べる方
・経理に詳しい方 若しくは 税理士(専門性の高い人)とつながりのある方
 
逆に、
・小売業、飲食店業のように、不特定多数の方と現金で頻繁に取引される方。
・人材派遣業や流通業、個人少額サービス業など、従業員が多数必要な方。
・メーカーなど原価計算や在庫管理が重要な方。
 
こういった方は、クラウド会計のメリットを活かしきれないので、あまりお勧めしません。
 
小林:独立した人がどこでも快適に仕事をするにはITを使うことは避けられませんし、常にかなり積極的に学ぶ姿勢も必要です。ンディペンデント・コントラクターとして活躍するために持っておくべき素養があれば、大丈夫なのかもしれませんね。
 
「インディペンデント・コントラクターが幸せになるツールとなること」についてもう少しお話を伺えますか?
 
高橋:日本の税金は「会社」という組織に大部分の責任が任されてきました。
 
会社は、個人を雇用し、給与を支払、源泉所得税と年末調整という仕組みを通して、その個人の収入と税金計算に責任を持ちます。
 
これは個人としては楽ですが、代わりに「自由」と「能力発揮」「お金を考える機会」を犠牲にしています。
 
小林:確かに会社員の時は、税金などはほとんど意識しませんでした。
 
高橋:私は、個人がお金のことを理解し、自らの意思で決断しながら、能力を最大限発揮できる環境に身を置くことが、労働において最も重要だと考えています。だから、私はインディペンデント・コントラクターという考え方・働き方に共感し、もっと増えたほうが良いと考えているのです。
 
小林:とても勇気づけられる言葉です。
 
高橋:ただし気をつけなければいけないのは、会社員と異なり、インディペンデント・コントラクターは、自分の収入と税金について、自分で責任を持たなければいけない、ということです。
 
会社からお金をもらって生活をする、それは同じなのに、全く異なる責任も発生します。
 
クラウド会計によって経理が楽になれば、その責任を果たせます。むしろ、クラウド会計によって自計化が果たせれば、サラリーマンと違い、収入も支出も、明確に数値化できるのです。楽に責任を果たし、そこで作成した会計が、人生を豊かにするツールになってほしいと期待しています。
 
小林:良いことばかりのようですが、気をつけておいたほうが良いことも教えていただけますか。
 
高橋:クラウド会計はまだまだ発展途上です。
そして、会計が「楽」になるというメリットと、会計処理が「適当」になるリスクが存在します。
 
小林:リスクは特にどのような点ですか?
 
高橋:会計処理には最低限抑えるべき会計基準(ルール)があります。

この会計基準というものは、税務上はもちろん、経営ツールとしても実はとても大切です。

その点、クラウド会計の
・入出金という「現金の動き」をベースにした会計処理
・自動取り込み機能による、摘要(入出金の相手先や取引内容メモ)の不完全性
は一歩間違えると、途端に会計基準から外れる原因になってしまいます。
 
小林:そのあたりのお作法は、やはりプロの方と一緒に導入しないとわからない点ですね。
 
高橋:確かにクラウド会計は、初心者でも使いやすいソフトですが、決して経理を知らなくても使えるソフトではありません。
 
その点を理解し、正しい会計基準を上手に情報収集しながら、うまく使いこなせるよう向上心を持って取り組む。状況に応じて税理士を活用していくのが、これからの会計だと私は考えています。
 
小林:クラウド会計を単純に「だれでも簡単に導入できて、低コストで会計処理ができる」というふうには考えないほうがよさそうですね。

自らもITを活用し、会計についての情報感度を高めることで、会計の効率化を図るだけでなく、経営に欠かせない数字力を高めていくことができるのかもしれません。

高橋先生、とても勉強になりました。ありがとうございました。
 
話者:高橋俊介(税理士)、聞き手・文:小林利恵子(opnlab/IC協会 常務理事)
 
■関連セミナー:
開催日:11/5(水)
スピーカー:中村貴彦(プロミッション/IC協会広報委員)高橋 俊介高橋会計事務所・税理士)
 
<プロフィール>

高橋会計事務所
高橋 俊介(税理士・株式会社MAST代表取締役)
フリーランス事業者・小中規模法人を中心に、必要な情報を、最適なタイミングで積極的に提案する提案型税理士。
 
1986年東京生まれ(29歳)。立教大学法学部卒業後、株式会社インテリジェンスに入社。キャリアコンサルタント、医業向け人材紹介部門立上に従事し、社内MVPを受賞。
 
2011年4月より、高橋会計事務所にて、中小企業の経営支援に従事。従来の記帳代行・申告代行のみの税理士サービスに疑問を感じ、Bain & Company出身のコンサルタント達とコンサルティングネットワークを構築。
世界トップレベルのコンサルティング手法を学び、ベンチャー企業から大企業へと進化していく際のあらゆる問題解決に携わる。同時に、税理士ネットワーク㈱TKCに入会し、中小企業の 経営危機改善や長期的成長支援を経験。
 
■関連記事

2012年11月 7日 (水)

ICこそ必要な就業不能時の所得補償

会社員からインディペンデント・コントラクター(IC:独立業務請負人)に転身して、大きく変化するのが公的な保障です。

労働者=雇用される立場であれば、仕事中にケガして働けなくなっても国の労災で収入の約8割は補償されます。また私傷病で働けなくなって給料が貰えない状態になっても、健康保険から傷病手当として収入の約6割は補償されます。

一方で、ICはどのような保証があると思いますか。

続きを読む "ICこそ必要な就業不能時の所得補償" »

2011年10月22日 (土)

IC協会 大阪連絡所が変わります

11月からはこちらの住所となります。

大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル6F
一般財団法人社会人力開発センター内
特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会

Eメール info@npo-ic.org(Eメールは変更ありません)

2011年8月28日 (日)

9月27日法務・個別相談会[会員限定・要予約]

日程   9月27日(火曜日)13:00~16:00
時間   お一人様30分まで
定員   6名
費用   無料
担当弁護士   当協会顧問弁護士 渡部総合法律事務所 渡部敏雄
会場   渡部総合法律事務所
東京都新宿区新宿1-3-12 壱丁目参番館903号
(地下鉄丸の内線 新宿御苑駅より徒歩2~3分です)

※IC協会会員向けサービスです。事前のご予約が必要です。
ご希望の方は、9月20日(火)までに事務局 info@npo-ic.org まで 「法務相談会参加希望」と記載の上、ご連絡ください。
事前のご予約なく当日お越しいただいても対応できません。
※ご希望のお時間にお応えできない可能性もありますが、予めご了承ください。
※緊急を要するご相談などに関しましては、別途対応させて頂きますのでお気軽にご連絡ください。

2011年8月25日 (木)

9月6日税務・個別相談会[会員限定・要予約]

【税務・個別相談会】
日程   2011年9月6日(火) 11:30 ~ 13:00
時間   お1人様30分まで
定員   3名
費用   無料
担当税理士   当協会顧問税理士 篠原会計事務所 篠原一彰
会場   株式会社 アールピック
東京都中央区京橋1-6-6 HARADAビル 3F → 地図はこちら

※ IC協会会員向けサービスです。事前のご予約が必要です。
ご希望の方は、8月30日(火)までに事務局 info@npo-ic.org まで「税務相談会参加希望」と記載の上、ご連絡ください。
事前のご予約なく当日お越しいただいても対応できません。
※ ご希望のお時間にお応えできない可能性もありますが、予めご了承ください。

2011年8月18日 (木)

IC協会のFacebookページができました

理事の古川です。
7/11セミナー「ICのためのソーシャルメディア活用の実践例」でも取り上げたSNSの代表的な存在であるFacebook。
日本のユーザー数は、2011年1月に200万人を突破してから急増しており、7月には約385万人で世界第10位となりました。
IC協会でも遅ればせながらファンページを開設し、このほどユニークURLを取得することができました。
URLは、

http://www.facebook.com/npo.ic.org
です。

会員の皆様に、ぜひとも活用していただきたく、ここにご案内する次第です。
IC協会のFBページの「ウォール」に、得意分野やご活躍など投稿ください。
もちろん、IC協会からの各種お知らせも随時発信していきたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

2010年12月14日 (火)

2010東京忘年会


理事ブログですが、今回は事務局 渡辺よりご報告させていただきます。
※カメラを持参しておらず、写真がありません・・・。ご容赦ください。


今年の忘年会は、新橋の博多 水炊き 鶏料理 可士和
会員、非会員の方合わせて総勢23名が参加され、盛会でした。


まずは、理事長 田代による乾杯音頭。そのあとは、あっという間に
楽しく歓談が始まります。

水炊き鍋が登場すると身動きが取れなくなる為、
いつもより早目に皆さまに一言ずつ頂きました。

大阪より出張でいらしていた会員の方(牧野さん、無事に大阪に帰れましたでしょうか)
久々に参加された会員の方(池照さんありがとうございました!)
新規会員の方(東田一人さん、古川大輔さんありがとうございます!)
会員ではないものの、IC協会にご興味をお持ちいただきご参加いただいた4名の方、
(なんと、そのうち2名の方が翌日ご入会いただきました!)
大阪より忘年会出席のために専務理事の久保さんもいらっしゃいました。

お仕事の都合で遅れてのご参加となった、平沢さんには、
2011年1月より変更となるIC協会の新ロゴマークを作成頂きました。
平沢さん、素敵なロゴありがとうございました。

個々に書き出すときりがありませんので、このあたりで。

最後に、一本締めを田代理事のご紹介で参加いただいていた方(多田さん、むちゃぶりをしてすみません)
にお願いをし、気持ちよく散会となりました。

ご参加いただきました皆さま、大変ありがとうございました。

また、今年1年大変お世話になりました☆
少し早いですが、来年もIC協会をよろしくお願いいたします。

/事務局 渡辺

2010年10月 6日 (水)

プラスのスパイラル

「インディペンデント・コントラクターになりたいけど、自分はなれそうか?」
よく受ける相談です。先週1件、今週も1件予定があります。

本当に、ICになって活躍して稼げるのか?は約束できないものの
ICに向いている人というものに、5つの条件があると私は思います。

(1) 自分の好きな仕事であれば、ずっとやっていても飽きない人
(2) 案件確保や稼ぐということに、楽観的で落ち込まない人
(3) 自己管理(目標管理、健康管理、自己研鑽など)のできる人
(4) (紹介を受けられるような)複数のコミュニティを持っている人
(5) (周囲の評価はどうあれ)自分の専門性に自信のある人

そのなかでも、(5)の条件は、とても大切だと感じます。

もちろん、自信過剰すぎるのではダメでしょうし、
現状に満足して専門性を向上させないのもダメ。

様々な環境や状況、要望にうまく合わせて、
自らの専門性を上手に発揮できることに
インディペンデント・コントラクターとしての価値があります。

しかし。。。

実は、この専門性。
ICとして独立すると、「プラスのスパイラル」となって
さらに向上していくものなのです。

たとえば、こんな感じ。

専門外のことに時間をとられることが無くなる。
(無駄な会議や接待、面倒な雑務や部下フォローなど)
  ↓   ↓
専門性を活かせる仕事ばかりを行うことになる。
  ↓   ↓
とはいえ、新たに習得しなければいけない視点や知識が
必要になるので、その専門性にさらに磨きをかけることになる。
  ↓   ↓
結果、自分の専門性が高くなり、より高度の案件も受けることが
可能になってくる。
  ↓   ↓
とはいえ、新たに習得しなければいけない視点や知識が
必要になるので、その専門性にさらに磨きをかけることになる。
  ↓   ↓
結果、自分の専門性が高くなり、より高度の案件も受けることが
可能になってくる。
  ↓   ↓
(あとは、プラスのスパイラル!)

だからこそ、周囲の評価がどうあれ、自分の専門性に
少しでも自信をもって、案件をこなしていくことが、
ICとしての価値を高めることに繋がるのだと。

たくさんの成功しているICを見ていて、実感することです。

----
Individual(個人)として自分の価値基軸で意思決定し、
組織からIndependent(独立)して活動し、
Inter-Company(会社の垣根を越えて)に働く。
----

ICという働き方に、少しでも興味のある方は、ぜひ、

 ◆10月14日(木)18:30-20:00
 ◆講演者  前理事長  秋山進
 ◆ICの自立と自律
   ~経済的成功(自立)と、
       環境と自分をコントロール(自律)すること~
 ◆セミナー参加費用 3000円(協会会員は無料)
 ◆場所   ホテル ヴィラフォンテーヌ汐留内 会議室8

にお越しくださいませ☆

岩松祥典


2010年6月 1日 (火)

協会理事の新体制ご報告

本日6月1日で、インディペンデント・コントラクター協会は、第8期を迎えることになりました。(5月末決算なので・・・)

これを機会に、理事の体制が大きく変わることとなります。理事長の秋山が理事を退任して顧問に、専務理事の私が平理事に、そして、事務所を無償で提供してくれていた理事の丸山が退任します。

今回の背景としては、大きく分けて、3つ。

ひとつは、秋山も私もこの7年の間に、社員を雇用する立場になってしまい、正確にはICと言えないようになってしまったこと。

もうひとつは、私たち以上に、会員のなかで、ICとしての高い意識・ご活躍の度合など、理事に相応しい方々が数多くいらっしゃるということ。

そして、もうひとつは、設立以来、同じ理事の顔ぶれで行なってきたということもあって、あらためて、ICという立場・目線で、協会会員向けのサービスを充実させていこうという想いです。
※一応、書き添えておきますが、決して、旧理事が仲たがいしたわけではないですよ♪ 今でも、よく食事に行く仲なので。


さて、新たな理事面々は以下のとおりです。

理事長
 田代英治   / ㈱田代コンサルティング 代表取締役

専務理事
 久保修    / Topdas㈱(トプダス) 代表取締役

理事
 五十右信啓 / 五十右信啓 代表
 齊藤孝浩   / ㈲ディマンドワークス 代表取締役
 中村貴彦   / ㈱プロミッション 代表取締役
 藤井俊勝   / ステップアップエンジニアリング 代表
 古川晶子   / キャリアフォーカス研究所 代表
 岩松祥典   / ㈱アールピック 代表取締役

監事
 森谷和郎   / ㈲CFOソリューションズ 代表取締役

これからのIC協会の活動にご期待くださいませ。

岩松祥典

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31